So-net無料ブログ作成
-| 2011年01月 |2011年02月 ブログトップ

■すぐに行動する秘訣、即、実行するコツ、仕事を先延ばしにしないポイント、すぐやるためのノウハウ [ビジネススキル]

あなたは次のどれかに該当しませんか?

●くだらない用事をいつまでも先に延ばしている。

●実りのない人間関係になってしばらく経つのに、つきあい続けている。

●仕事にやりがいを見いだせないが、少なくとも慣れているので我慢している。

●自分の死について考えたくないので、「やり残している」ことを頭の隅にやっている。

●「そのうちに整理するつもり」でほうってある引出しやファイル、物置、部屋がある。

●せっぱつまらないとできないので、締切直前、あるいは過ぎてから腰を上げる。

もし、該当するなら、役に立つかもしれません。


第1章 自分と向き合う

■■■ 【1.仕事のアプローチ法を変える】 ■■■

私たちは、これからやろうとすることが、気が進まなかったり、困難な決断を強いられると思うとき、行動を先に延ばしがちです。
それは当たり前と言えば、あたり前のこと。

望む結果を得るためにしなければならないことが、けっして楽しいことばかりではないからでしょう。

仕事を先に延ばさないためには、これまでとは違った視点からのアプローチをしてみてはどうでしょう。

仕事がうまくいかないのは、ただ始めるきっかけがないだけの場合もあります。

仕事の中でも書くことは、一般にもっとも遅れがちな仕事のひとつと言えるでしょう。

そんな時には、次のことを試してみましょう。(何かを書く、という仕事に特化してみました。でも、他の仕事にも応用可能です。)


●仕事を終えたときの自分を目に浮かべる

仕事を終えた自分を思い浮かべることによって、仕事を始めるのを妨げてきたグズの習慣を乗り越えるのです。
(イメージトレーニングの一種です。)


●作業場を片付ける

机の上を、その仕事以外のものは、全て片付けます。
机や作業場が散らかっているために書けない人が多いのです。

レポートやほかの仕事でも、なるべく気が散らないようにしなければなりません。
すっきりした所でとりかかれば、きっと効率があがるはずです。


●要点をまとめる

要点を1ページにまとめたり、いくつかキーワードを書き出すことで、書く準備ができるとともに、書き上げる手助けにもなります。

いきなり書き始めようとせずに、ちょっと時間をさいて、要点を書き出したり、内容を時間の経緯にそって並べてみましょう。


●数分でいいからとにかく書いてみる

とにかくやってみることです。
言い訳はなし。

誰も口実なんて聞きたくないのです。
タイマーを5分にセットして書き始めましょう。

5分たって意外にそのまま書きつづけたいと思うものです。
要は書き始めること。それをしなければ話になりません。


■するにやるコツ

考えすぎて動けない人のための 「すぐやる!」技術




【送料無料】考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術





■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

仕事のスピードを上げるコツ、秘訣、ポイント、ノウハウ [ビジネススキル]

会社には、定時を回ればさっさと退社していく人と、慢性的に終電近くまで残業している人、2種類がいます。
どこに違いがあるのでしょうか?

もちろん、仕事の種類やメンバーの人数で絶対的に残業を強いられるということもあるでしょう。

それでも、少しでも早く仕事を終わらせたいものです。

早く帰る人には、行動パターンにいくつか共通点を見いだすことができます。


1)分からないことはすぐ人に尋ねる

2)仕事の進め方が確立されている

3)邪魔しづらい雰囲気を醸し出している



一方、慢性的に残業している人のパターンとして・・・・

1)分からないことがあっても、まずは一人で解決しようとする

2)仕事の進め方が一定していない

3)いつでも笑顔で応じている


上記の2)も3)もとてもいいことなのですが、それも度が過ぎると、残業のもとになります。

また、定時で帰ろうとする人は、「定時までしか時間がない」と考えているからこそ、スピードを上げて仕事を片付けようとしているのに対し、残業している人は「自分にはたっぷり時間がある」と錯覚してしまうがゆえに、意図せずして先のような行動パターンになってしまう人も多いです。


●仕事の仕組みとやる気を作る

なので、できたら工夫して、仕事を「サッサと仕上げる方法」を考えてみましょう。
それがひいては、「新薬を1日でも早く世の中に出す」ことにも繋がります。


■□■ 第1章 まず「取りかかる」気持ちを起こす ■□■

とにかく、走り始めるための方法について考えましょう。
仕事のスピードアップのうえでも、まずは動き出さなければ始まりません。


仕事を早く終わらせるコツ
  ↓
■参考図書

「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」大橋 悦夫 (著), 佐々木 正悟 (著)   4534041837

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術



【送料無料】スピードハックス

【送料無料】スピードハックス

【送料無料】スピードハックス
価格:1,575円(税込、送料別)





■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」

タグ:ノウハウ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

おすすめビジネススキル【コーチング】で人を育てるポイント、秘訣、コツ [ビジネススキル]

1.コーチングとは何か

コーチング⇒「個人の自己実現をサポートするシステム」

● 自己実現・・・その人が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮すること

● サポートとヘルプの違い・・・「ヘルプ」とは「助けを求めている人」が「無力」で、助ける人と助けられる人の関係は「支配・従属的」。一方、サポートは「助けを求めている人」は「有力」で両者の関係は「協働的」。

上からひっぱるのではなく、もともと力のある人を下から支えて、その人が持っている能力や可能性をさらに発揮できるよう支援する。


● コーチングというシステム・・・コーチング=技術+考え方+人間関係

さらに、コーチングの3つの哲学に基づいている

(1) 人は皆、無限の可能性を持っている
(2) その人が必要とする答えは、全てその人の中にある
(3) その答えを見つけるためには、パートナーが必要である


●3つの哲学

(1)人は皆、無限の可能性を持っている

私たちが今、発揮している以上の能力や可能性をもともと持っていることを前提としている。
この哲学には、実はコーチングと従来の操作主義的なマネジメントとを画す重大なポイントが含まれている。
それは両者の「人間観」の違いである。

● マグレガーのX理論とY理論
・ 性悪説のX理論
人は基本的に怠惰である。
・ 性善説のY理論
人は基本的に勤勉である。

コーチングではY理論に立っている


(2)その人が必要とする答えは、全てその人の中にある

「答えがその人の中にある」と言っても、本人が「知っている」とは限らない。
多くの場合、その答えはその人の中に「眠っている」。

なぜ「眠っている」のかと言えば、それは多くの人が「答えは自分の中にある」ということ自体を信じていないからである。
コーチができることは、その人の中にある答えを「引き出す」ことだけ。


(3)その答えを見つけるためには、パートナーが必要である

コーチは自分が答えだと思うことを相手に「与える」のではなく、むしろ相手の中にある答えを「引き出す」という役割を担っている。
では、具体的にはどうやって相手の中にある答えを引き出してあげればいいのだろうか?
それが、相手に対して「問いを投げかける」ということなのである。


● 問いは意識の矢印を内側にむける


「あなたが、もし、この研修に出ていなかったら、今ごろ、どこで何をしていますか?」
このように不意に質問されると、人は無条件に内側に思考が向く。

問いは意識を外から内に向けるだけでなく、それまでとは全く関係の無い方向に向ける力もある。
コーチとしては、相手の自分の中にある答えを見つけられるよう、繰り返し問いを投げかけることでサポートする必要がある。

コーチング的に表現するなら、「考える」とは「問いを投げかけることで、意識の矢印を潜在意識に向け、そこにある答えを拾ってくる一連のプロセスである」と言える。



上司本位のマネジメント(従来のマネジメント) VS 部下本位のマネジメント(コーチング)
  ↓
・上司本位のマネジメント  VS 部下本位のマネジメント

・上司が答えを持っている  VS 部下が答えを持っている

・X理論的な人間観 VS  Y理論的な人間観

・条件つきの信頼  VS 無条件の信頼

・指示命令型のコミュニケーション VS  質問型のコミュニケーション

・支配・従属的な人間関係 VS 協働的な人間関係

・タテ型組織 VS  ヨコ型組織


2.コーチングの基本スキル

コーチングの5つの基本スキル

(1) 質問スキル
(2) 傾聴のスキル
(3) 直感のスキル
(4) 自己管理のスキル
(5) 確認のスキル



【参考になる図書】

「この1冊ですべてわかる コーチングの基本」コーチ・エィ (著), 鈴木 義幸 (監修)

【アマゾン】

この1冊ですべてわかる コーチングの基本




【楽天】

【送料無料】コーチングの基本

【送料無料】コーチングの基本

【送料無料】コーチングの基本
価格:1,680円(税込、送料別)






「コーチング入門 (日経文庫)」本間 正人 (著)

【アマゾン】

コーチング入門 (日経文庫)




【送料無料】コーチング入門

【送料無料】コーチング入門

【送料無料】コーチング入門
価格:872円(税込、送料別)






「コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる」伊藤 守 (著)

【アマゾン】

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる




【送料無料】コーチングマネジメント

【送料無料】コーチングマネジメント

【送料無料】コーチングマネジメント
価格:2,100円(税込、送料別)




■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」


タグ:コーチング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

おすすめのお得なお小遣い情報を集めました [お小遣いを稼ぐ]

おすすめのお得なお小遣い情報を集めました。


■ポイントサイト(懸賞サイト)で無料お小遣いを稼ぐ!おこづかいを稼いで本を買う。

インターネット上では広告をクリックしたり、サービスを利用したり(例えば保険の資料を請求したり)、メルマガを登録すると、それに応じてポイントがたまり、一定の額に達すするとそのポイントを現金に変えられるおすすめのポイントサイト(懸賞サイトとも言う)がケッコウ、あります。

ポイントサイトにいくつかに登録して、そのポイントサイトに特化した情報を利用するとか、ポイントの貯まりやすいサイトを見つけるのも楽しいものです。(これらは全て登録は無料です。)

ただ、ひとつ予めご参考までに・・・ポイントサイトで稼ぐなら、フリーメールを用意しておくことをおすすめします。

メールアドレスを登録するポイントサイトやメルマガを配信する生活情報サイトが多いのです。

また、最近はゲームやスロットマシンやビンゴゲームを毎日やる、あるいはそのポイントサイトで検索すると文字通り無料で、毎日ポイントを貰えるようになってきた。

ポイントが一定の額、集まると現金やネットで使えるポイントに還元できます。

おすすめのポイントサイト(懸賞サイト)は、ポイントの還元率が高く、毎日そのおすすめポイントサイトに行っても飽きず、たくさんのポイントを付与する情報を持っているところです。

僕もたくさんおすすめのポイントサイト(懸賞サイト)に登録していますが、大体、3か月で500円位になります。
もっと、がっちり稼ぎたい、儲けたい、お小遣いにしたい、という方は「クレジットカード」や「ローン会社」に登録するのがお勧めです。
これをやると1日で数千円はいきます。

儲けるだけでなく、自分も楽しみたい、という方はそのおすすめのポイントサイトで「通信教育」などの資料を請求すると、自己啓発もはかりながら、お小遣いも稼げるという一石二鳥です。

さらに、例えば「競馬のマル秘お得情報」などいった楽しめる情報もあります。
あくまでも「楽しむ」ことが基本です。


インターネットができてから、「無料」に慣れてきた自分も恐ろしいですが、これからますます無料(ただ)で稼げるサービス、システムが出てくるのでしょうね。(それを自分が発明するのも楽しい。)

ここでは、さらに、お得な情報、簡単な応募で素敵なプレゼントや賞品があたるサイトやキャンペーン情報もご紹介します。


■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」


タグ:お小遣い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

おすすめのお得なクーポンサイトを集めました [生活に役立つ情報]

おすすめのお得なクーポンサイトを集めました。

今、何かと話題の『クーポンサイト』。

お得ですよね。「激安!」という感じすらあります。


僕も使ってみたけれど、安くて、質もそこそこで、「まぁ、満足」という感じです(楽天のクーポンサイト)。

何か欲しいもの、サービスが有ったら、とりあえず、クーポンサイトを訪問して、僕の希望する商品なり、サービスを扱っているかをまずは探すようになりました。


顧客もそこそこ満足する、というところから、もう一歩進んで、「この値段で、この商品なら満足でしょう!」と思えるクーポンサイトになって欲しい。

商品提供側も、注文数が確定するので、経済的に商品を作れるので、クーポンサイトを利用する客も、ショップの方も、お互いにWin-Winの関係になるのでいいよね。


それぞれのサイトには同じ商品、サーボスが採用されていることもあるので、複数のクーポンサイトを比較するのがおすすめです。

クーポンサイトなら通常の7割引きとか8割引きもあって、驚いてしまうが、だからと言って低品質の商品なら、いくら8割引きでもお客は満足しない。

8割引きであっても、それを上回る商品の質があるからこそ、そんなクーポンサイトがおすすめですよね。



きっと、これからは普段、何げなく買う商品だったり、サービスも、まずはクーポンサイトで探す、という時代だね。

クーポン付の街並みガイドみたいなものも、毎朝、有楽町の駅の前で配っているので、そんなものも見ながら、どのクーポンがお得なのか、考えるようになってきた。

お得で、しかも品質も高い! そんなおすすめクーポンサイトをみんなで探してみましょう。


■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

賢い本の選び方、効率的な本の読み方(1) [自己啓発方法]

賢い本の選び方、効率的な本の読み方、面白い本の見つけ方、ビジネス書から小説まで本の読み方。ビジネスパーソンのための読書術。


こんなことありませんか?

1)多忙な中で、いかに読書の時間と快適な環境を作るか

2)本の内容をどう効率良く確実に頭に定着させるか

3)その知識をどう日々の仕事で使いこなせるようにするか

これらはビジネスパーソン共通の悩みではないだろうか?


これらを考えてみよう。



■ブログに「ブックレビュー」を書き込む習慣をつける

本は読むだけでは、モノにならない。
インプットしたら、必ずアウトプットしてみよう。

アウトプットするだけで、知識や本から学んだことが定着してくれる。

「読書ノート」を小学校、中学校の頃に書いていたが、それが今ではブログになった。
ブログで本のレビューを書いて、その本が売れればお小遣いにもなるという、一石二鳥だ。

ブログに読書のレビューを記載するときは、もちろん、目次だけではダメです。
自分が何を感じたかを、書くことが大切です。

また、ブックレビューを毎日アップしていると、すぐにネタが必要になる。つまり、ブックレビューを書くために読書をしなければならないという「自分で自分の首を」的になり、ますます自動的に読書量が増えるという自虐的な楽しみがある。

だから、情報発信と読書はいい補完関係(インプットとアウトプット)にあるというわけだ。


★僕の本に関するブログとサイト


●「より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本、お勧め小説、お奨め小説」
http://horai-books.seesaa.net/


●「ホーライブックセンター」
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22


●「ホーライ ブックセンター2.0」
http://horaishop.web.fc2.com/index.html


●「おすすめミステリー小説、本、ビジネス書、お勧め音楽、お薦め映画」
http://plaza.rakuten.co.jp/horai001


●「詩集」集・・・心の叫びから湖の静けさまで
http://poet-poet.seesaa.net/


●「このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト」
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


●「純文学からサスペンスものミステリー、SF、科学ものまで、私のお薦めの本、小説を紹介」
http://jyunhikobook.web.fc2.com/index.html


●「おすすめのビジネス書、必読書 実践的ビジネス書専門書店 厳選ビジネス本、必読ビジネス書 ビジネス書の読み方 仕事に役立つ本」
http://horai-biz-book.seesaa.net/


●「ビジネス書専門書店・ビジネス書の読み方指南」
http://www.geocities.jp/biz_book2006/


●「新入社員に読ませたい推薦図書100冊」

http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html


●「おすすめ科学の本「科学入門書」の科学専門書店・・・12歳からの科学入門書」
http://horai-book.seesaa.net/


●「治験おすすめ書 治験おすすめ図書 治験の本 治験入門書 臨床試験や治験に役立つ本」
http://horai-med-book.seesaa.net/


●「治験・臨床試験専門書店」
http://www.geocities.jp/chiken_book/


●「ビジネス英語の達人・堪能者になるためのページ」
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/engking.htm


●「TOEIC対策の英語の勉強方法 英語の達人になる方法 ビジネス英会話入門」
http://horai-english.seesaa.net/


■要約を話す相手が見つからない、ブログを書いているヒマがない。

読んだ本の内容をひとに話したり、ブログに書くことはおすすめなのですが、それもかなわない場合、どうするか?

そんな時は、世間話や仕事の話のときに、読んだ本からの受け売りを入れるといい。
読んだばかりの情報をそのまま人前で話す習慣をつけると、アウトプットの回数が増えて知識が定着する。

さらに、「受け売り」として本から得た知識を人に話していくと、いつのまにか「自分ならこうする」「こうなったらもっといいのに」等と自分なりの意見を付け加えていたりする自分に気づくこともある。



■乱読・多読か?精読か?

僕はどちらかというと、「乱読・多読イプ」だ。
だからと言うわけではないが、「手あたりしだいに本を読む」ことをお勧めする。

まずは、興味のおもむくままに、本を読んで「読書」という習慣を身につけることが大事です。
特に若いうちは、楽しい気分であれこれ読んで、好奇心を満たしていくといい。

「読書」という「楽しさ」を味わうと、徐々に自分の読みたい本が見えてくる。
それまでは、自分の興味に制限を設けず、広くいろんな本を読むと、知識も増えてくる。
最初は、何にもとらわれずに読み散らかす乱読・多読をしよう。


■■■ 続きはこちら ■■■
  ↓
「インターネットで出来ること。ビジネスに役立つインターネットのサイト、ツール」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

-|2011年01月 |2011年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。